シャンパーニュのぶどう品種

2012年3月23日 (金)

ピノ・ムニエ

シャルドネピノ・ノワールピノ・ムニエで構成されるシャンパーニュワインの中で、ひと際存在感が薄く、地位が低く見られがちのピノ・ムニエ

バンドでいったらベース!
ワンピースでいったらミスターボンクレー!

・・・・的な存在です。

しかし、ベースがしっかりしていると音楽が安定するように、なくてはならない存在なのがこのピノ・ムニエなんです。

というのも、ピノ・ムニエというぶどう品種は、優れた芳香性を持っていて、クリュッグでは10%も使用されています。

ヴァレ・ド・マルヌという地方で多く栽培されているピノ・ムニエは、開花が遅くて収穫が早く、病害にも強いぶどう品種です。

そのため、湿気が多く、霜の害を受けやすい地方であるヴァン・ド・マルヌにピノ・ムニエがピッタリと適しているため、ヴァン・ド・マルムで多く栽培されるようになりました。

ブログ村 ランキング参加中

  • ブラグ村ランキング参加中
    にほんブログ村 その他ブログへ

A

無料ブログはココログ