シャンパーニュの甘辛

2012年2月 7日 (火)

甘いシャンパーニュと辛いシャンパーニュ

甘いシャンパーニュと辛いシャンパーニュ
シャンパーニュは基本的に辛口ですが、もちろん甘口のシャンパーニュも存在します。
シャンパーニュには甘口や辛口の指標がわかる名称があるので、シャンパーニュ選びの際は、エチケットに書かれている文字をよく確認してみましょう。

よく見かける定番シャンパーニュには、辛口シャンパーニュを表す「ブリュット」甘口シャンパーニュを表す「ドゥミ・セック」などがあります。

同じブリュットであってもメーカー毎に差があったり、酸の強さに影響を与えたりします。
例えば、本来、シャンパーニュの酸が強くても、甘さが強いと酸が弱いように感じるのです。

シャンパンの辛口・甘口早見表([ ]内は1リットル内の残糖分)
Extra Brut(エクストラ・ブリュット)
極辛口シャンパーニュ[0~6g]
>>>Extra Brut

Brut(ブリュット)
辛口シャンパーニュ[6~15g]
>>>Brut

Extra Sec(エクストラ・セック)/Extra Dry(エクストラ・ドライ)
⇒やや辛口シャンパーニュ[12~20g]
>>>Extra Sec

Sec(セック)
やや甘口シャンパーニュ[17~35g]
>>>Sec

Domi Sec(ドゥミ・セック)
甘口シャンパーニュ[33~50g]
>>>Demi Sec

Doux(ドゥー)
極甘口シャンパーニュ[50g以上]
>>>Doux

辛口シャンパーニュ
ローラン・ペリエ・ウルトラ・ブリュット
ポメリー・ブリュット

甘口シャンパーニュ
テタンジェ・ノクターン
モエ・エ・シャンドン・ネクター・アンペリアル

ブログ村 ランキング参加中

  • ブラグ村ランキング参加中
    にほんブログ村 その他ブログへ

A

無料ブログはココログ