シャンパーニュの歴史

2012年2月16日 (木)

ヴーヴ・クリコ

ヴーヴ・クリコとは
ヴーヴ・クリコは、ランス地方にあるシャンパンハウスです。原語:Veuve Clicquot Ponsardin
ヴーヴクリコ創始者『クリコ・ポンサルダン』は、シャンパーニュの発展に大きな影響を与えた人物です。
はやくして病に倒れ、息を引き取ってしまったクリコ・ポンサルダンの夫フランソワは、シャンパーニュメーカーの社長でした。クリコは、フランス語で「未亡人」という意味のヴーヴ(veuve)となってしまいます。西暦1805年、クリコは、シャンパーニュメーカーを引き継ぎます。
たちまちに初代の女性経営者としての才能を発揮し、そのシャンパーニュメーカーは瞬く間に成長しました。のちにクリコ未亡人を讃えて、同社の最高級の銘柄は「ラ・グランド・ダム」と名づけられました。「ダム」は淑女、つまり「シャンパーニュの偉大なるクリコ」という意味です。

ヴーヴ・クリコの発見
ドンペリニョンが瓶内二次発酵を見つけたことで有名なのと同じくらい、ヴーヴ・クリコは澱抜き(ルミュアージュ)は有名です。
完璧さを追求するクリコ・ポンサルダンは、ルミュアージュを考案しました。

ヴーヴ・クリコのラインナップ

ヴーヴ・クリコに関するリンク
ヴーヴ・クリコ公式サイト
ヴーヴ・クリコ公式サイト(English)
これだけは知って起きたいシャンパーニュの名門メゾン

2012年1月30日 (月)

シャンパーニュで造られる「シャンパン」の歴史

ドン・ペリニヨンが発見したシャンパンヴーヴ・クリコとフランソワが洗練!

シャンパン」は、偶然の神が人類に与えた至福の飲み物だった。 1668年、フランス・シャンパーニュ地方マルヌ県の小さな村の修道院の酒庫係りの盲目の僧侶、ピエール・ペリニヨンがいました。ある日、ペリニヨンがまだ発酵がおわっていなり地元産のワインにたまたま使われ始めていたコルク栓をして放置しておいたところ、ワインが瓶の中で再発酵し、発泡性ワインが誕生したといわれています。 これがいわゆる、瓶内二次発酵です。

また、当たり年のぶどうのみを使用して醸造され7年から8年の熟成を経たシャンパンのみが、ドン・ペリニヨンの銘柄で販売されます。このため、2012年現在、2002年のヴィンテージが最も新しいドン・ペリニヨンのシャンパンです。

■「シャンパン」を洗練したマダム ヴーヴ・クリコ

19世紀初頭までは瓶の中に死んだ酵母が澱として残り、シャンパンは濁っていました。
しかし、1816年にヴーヴ・クリコシャンパンの色が透明にならないかと研究を重ね、瓶口を下にし、回転させながら澱を瓶口に集める「ルミュアージュと、澱が集まった瓶口を冷やし瓶を上向きにして凍った澱を飛び出させる「デコルジュマンを発見して、現在に至るシャンパンは透明で美しい泡をもつ飲み物へと変身しました。


ブログ村 ランキング参加中

  • ブラグ村ランキング参加中
    にほんブログ村 その他ブログへ

A

無料ブログはココログ