シャンパーニュ豆知識

2011年12月 1日 (木)

聖なるワイン【シャンパーニュ】

キリスト教国とシャンパーニュ
キリスト教国では、中世まで修道士たちがブドウ畑の仕事に携わっていました。
ワインは聖別され、ミサの中で飲まれていたといいます。

フランスの最初の王は、シャンパーニュ地方で聖別され、496年のクリスマスの夜にChampagneシャンパーニュ)は捧げられました。


シャンパーニュ 通販

2011年11月22日 (火)

シャンパンとシャンパーニュって何が違うの?

シャンパンといえばお祝いのときに飲むあれですね。

しかし、ワインを勉強したことのある方は、シャンパーニュなんていったりします。

これは、シャンパーニュ地方で造れれるワインをシャンパーニュと呼んでいるから、自然とシャンパンではなく、シャンパーニュになってしまうわけなんです。

つまり「シャンパン=シャンパーニュ」なんです。

シャンパーニュなんていったほうがちょっと通っぽいですよね~♪

さて、ここでひとつ疑問が・・・

シャンパーニュ地方で造られれば全部シャンパーニュなん?

正解は×です。

シャンパーニュの中でも上質なものとそうではないものがあります。これはどこの地方でもそうなんですが、シャンパーニュの場合、「こういうぶどうを使ってこういう風に熟成させないとシャンパーニュって言っちゃ駄目!」と厳しい決まりがあるんです。

だからシャンパーニュは、造られ方に決まりのないスパークリングワインとは違い、どれを飲んでも泡がきめ細かく上質なんですね。

ちなみに、シャンパーニュを香港や上海の旧式の当て字で表すと、「三鞭酒」となり、日本では明治初年「三変酒」なんて呼ばれていたようです。変なの!


三鞭酒は香港・上海の旧式の当て字。明治初年、日本で三変酒とも呼ばれた。(西国立志編より)。ドン・ペリニヨン神父が確立したと伝えられる瓶内二次発酵と、アッサンブラージュと呼ばれる様々な原酒のブレンド、ティラージュおよびドサージュと呼ばれるシロップの添加に大きな特徴がある。

ブログ村 ランキング参加中

  • ブラグ村ランキング参加中
    にほんブログ村 その他ブログへ

A

無料ブログはココログ