シャンパーニュ(シャンパン)の保存方法

2011年11月19日 (土)

シャンパーニュ(シャンパン)の保存方法

シャンパーニュシャンパン)それは乾杯にふさわしいワイン。 お祝いで開けるのは決まってシャンパーニュ(シャンパン)ではないでしょうか?! 美味しくて、優雅でついつい飲みすぎてしまいますね。 食前酒としても最高だし、料理とも広くあわせやすいシャンパーニュ(シャンパン)。

ただ、飲みきれない場合はどうすればいいんでしょう?

シャンパーニュ(シャンパン)を開ける前はどこに保存しておけばいいの? シャンパーニュ(シャンパン)の炭酸はその日ですぐに抜けてしまいますか? シャンパーニュ(シャンパン)は保存できますか?

なんて疑問が・・・

シャンパーニュ(シャンパン)を開ける前の保存方法

シャンパーニュ(シャンパン)にとって一番良い保存方法は、風通しがなく、光が当たらない場所に保存することです。最も良いシャンパンの保存方法は、家庭用ワインセラーで保管することです。

ワインセラーの準備ができない人は、夏場はシャンパーニュ(シャンパン)を新聞紙で包んで冷蔵庫の野菜室で保存し、夏季以外は8℃から25℃・湿度60%以上の、無風無光の台所の床下などに保存しておくと良いでしょう。

冷蔵庫に長い間入れっ放しにすると、低温すぎて熟成が止まってしまったり、コルクが乾燥してワインを酸化させてしまったりすることが多いので気をつけましょう。


シャンパーニュ(シャンパン)の炭酸はその日ですぐに抜けてしまいますか?
シャンパーニュ(シャンパン)は保存できますか?

1~2週間はもつといったりしますが、実際はもって1日です。シャンパーニュ(シャンパン)は泡がきめ細かく繊細な分、劣化のスピードが大変はやいです。美味しい状態で飲みたいのでしたら、なるべく早く飲みきっちゃったほうがいいです。

ブログ村 ランキング参加中

  • ブラグ村ランキング参加中
    にほんブログ村 その他ブログへ

A

無料ブログはココログ